スポンサーサイト


Edit Category スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



マウンテンハードェア ファントムフーデッドダウンジャケットMOUNTAIN HARDWEAR Phantom Hooded Down Jacket


Edit Category ウェア > インサレーション
冬山も登るようになると欲しくなるのが「あったか~いダウンジャケット」。

以前にも紹介した(過去記事はコチラ)ナノパフやダウンセーターもいいけれど、冬山では寒い!

「あたたかい」「軽い」「コンパクト」「水に強い」あとカッコイイ!を条件に

各メーカーから出ているミドル級のダウンジャケットを比較、検討した結果、

3つまで絞りこみました。

出場選手はコチラ!

1.Rab INFINITY ENDURANCE JACKET(ラブ インフィニティ エンデュランス ジャケット)

11_201502051136456bc.jpg


2.THE NORTH FACE Alpine Nuptse Jacket(ノースフェイス アルパイン ヌプシ ジャケット)

12_20150205113646790.jpg


3.MOUNTAIN HARDWEAR Phantom Hooded(マウンテンハードウェア ファントム フーデッド)


10_20150205113648d45.jpg


比較1「あたたかさ」
こればかりは同じ条件下で3商品を比較することはできないので、

「ダウン量」「カッティング(フィット感)」から想像を膨らませて比較しました(笑)

<ダウン量>
Rab:210g
ノース:非公開
MHW:非公開

・・・おいおい、Rabしか公表してないんかい!

さすがダウン製品に定評のあるRabだけあって、余裕の公表といったところなのでしょうか?

ただし、一概にダウン量だけであたたかさは比較できません。

フィルパワーも重要になります。

フィルパワーとは、「羽毛1オンス(28.4g)当たりのふくらみ度合いを立方インチ(2.54cm立方)で示す。例えば、「600フィルパワー」とは1オンスの羽毛が600立方インチの体積にふくらんでいることを表し、数値が大きいほど良質なダウンといる。日本では計量法に基づき、証明書などでの体積表記には、SI単位cm³/gの使用が求められている。」(wiki参照)

簡単に言うと700fillと900fillでは、900fillの方が同じダウンの量だとあたたかいということ。

フィルパワーも比較

Rab:850fill
ノース:900fill
MHW:850fill

ノースが最高レベルの900fillを使用しています!


比較2「軽さ」

Rab:570g
ノース:285g
MHW:481g

軽さはノースの圧勝!

ただ、ノースにはフードが付いていません。

それでもこのボリューム感で285gは圧巻の軽さです!

軽さの秘密は何と言っても7デニールという超極薄表面素材を使用しているからなんです!

これだけ薄いとハードな使い方には向かないでしょうね・・・。

ちなみに、Rabはフード、肩、上腕には「PERTEX ENDURANCE」

その他の部分には「Pertex Quantum」を使用しています。

パーテックス エンデュランスは、100%防風性と耐水圧1,000mmを超えている素材です。

Rabは、よりアウターでの使用を考えたダウンジャケットになっていますね。

MHWは撥水性のある20Dナイロンリップストップです。


比較3「コンパクト」

Rab>ノース>MHWといった感じでしょうか。

Rabとノースはそれなりに収納サイズは大きめです。

付属のスタッフサックに収納できます。

MHWは、唯一ポケッタブルになっているので、スタッフサックをなくすこともなく、

コンパクトに収納できます。


比較4「耐水性」

ダウンにとって結構重要な水・濡れへの強さ。

Rab:Hydrophobic European down(撥水ダウン)
ノース:ノーマルダウン
MHW:Qシールドダウン(撥水ダウン)

んー、ノースが撥水ダウンじゃないのが残念!


比較して感じたのは

Rabはよりハードなシチュエーションでアウターとしても着られるダウンジャケット。

ノースはテントサイトなどのストップ時に活躍してくれるダウンジャケット。

MHWは、Rabとノースをたして2で割ったようなダウンジャケット。


で、僕が選んだのは

MOUNTAIN HARDWEAR Phantom Hooded(マウンテンハードウェア ファントム フーデッド)
172cm、72kgでMサイズ

1_20150205123236a52.jpg

で、着てみてどうなんよ?ってことですが、

非常に使いやすいダウンジャケットで気に入ってます!

まず、1番重要なあたたかさは、当然ですがナノパフやダウンセーターとは比べ物にならないほどあたたかいです!

秋以降の山行にはずっと持って行ってますが、コイツのおかげで秋の寒い時期のテン泊も

イスカ エア280X(シュラフ)であったか~く熟睡することができました。

僕的にシュラフのスペックを上げるより、ダウンジャケットのスペックを上げたほうがいいと思います。

だって、シュラフを着たままトイレに行ったり、星空を眺めたりできないじゃないですかー。

あったかいダウンジャケットにすれば、寒い中シュラフからでて準備するときもあたたかいままだし、

万が一、低体温症になりそうなときもハードシェルの下に着込んで体を温めることもできますしね!


去年(2014年)のクリスマスに八ヶ岳の黒百合ヒュッテでテン泊した際も、

最低気温マイナス18℃の中、このファントムとイスカのエア 630EXで爆睡できました!

この時、やはり体から出る熱でシュラフは湿気っぽくなりましたが、

Qシールドダウンのファントムはカラッとしたままというか、ロフトがへたらないというか、

撥水ダウンの効果をしっかり体感することができました!


ポケッタブルに収納したサイズも非常にコンパクトです!

9_2015020513045601e.jpg

右のハンドウォーマーポケットに収納することができます。

縦長になるので、パッキングも非常にしやすいです。

8_2015020513045565e.jpg

メーカー481g、実測454g。十分軽量です!

2_201502051232371ad.jpg

当然チンガードもついてます。鼻下ぐらいまで覆ってくれるので顔周りもあたたかいです。

3_20150205123239d05.jpg

内側に大きなメッシュポケットがついています。山専ボトルなどを入れて、夜の天体観測なんていいっすね!

4_20150205123240c25.jpg

反対側にも内ポケット。

6_2015020513045871a.jpg

フードの下にナットマーク!イエローとかだとカッコ良かったのにな。

7_20150205130454ea9.jpg

撥水性もなかなか高いです。が、パタゴニアのダウンセーターの生地に使われていた

パーテックス エンデュランスの方が撥水性は高そうです。


このファントム、2014-15で新しくなっています!僕のは2013-14の旧モデル。

型落ちだったのでSALEになってるのを見つけてポチっちゃいました(笑)

キルトパターンやフードのデザインも変わってますね。基本的なスペックは変わってないようです。

お金があったらRabもノースも欲しいのににゃー笑



僕と同じ2013-14モデル。SALEになってます!


コチラはNEWモデル!


おお!アルパイン ヌプシが30%OFF!やべ・・・ポチりそう・・・笑
 


Newer Entry登山用ソックス比較

Older Entry電子書籍「Dマガジン」がスゴイ!

Comments



 
08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

07 09


 
プロフィール

k2atsushi

Author:k2atsushi
2012年の7月から突然山登りに目覚め、生き急ぐようにピークハントしております。

 
 
 
最新トラックバック
 
 
 
検索フォーム
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
QRコード
QR
 
楽天
 
amazon
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。